インストラクターの二口たかえさんの活動報告ブログのご紹介です。

現場のレポートだけでなく、体験者の方の感想や、インストラクターとしての反省点等も詳細に掲載されています。

これからインストラクターとして活動したいとお考えの方は、参考にされてみてはいかがでしょうか。

はじめから完璧にできる人はいません。みんな試行錯誤しながら、より良いものを提供しようと日々努力と工夫を重ねています。

 

NPO法人さんきゅうハウス(東京都立川市)で、講師を務めさせて頂きました。

参加者は、さんきゅうハウスの関係者様を含め、さんきゅうハウス理事の吉村氏の
呼びかけで、パルシステム生協の組合員様も参加して下さいました。 飛び入り参加も有り、合計11名(男女成人のみ)となりました。

今回も、19日と同様に、月をテーマにしましたが、うさぎが描かれた月ではなく、
十五夜をテーマにした月を描きました。

群馬県の詩人 萩原 朔太郎の「月とくらげ」の詩は、前回と同じ作品を皆さんに
配布させて頂きましたが、前回よりも、今回の十五夜のイメージにピッタリでした。–本文より一部抜粋。全文はこちらから。

おすすめの記事