フィキサチーフの代用品〔パステルアートの道具〕

 

フィキサチーフとは?

パステルは画用紙への定着力が弱いのでフィキサチーフという定着材を使用して表面をコーティングする必要があります。フィキサチーフを使用していない場合、作品にさわるとパステルが指につきます。これでは、せっかくの作品が薄くなってしまいます。

sh_DSC_0018

しかし、このフィキサチーフはパステルアートの道具の中では最も高額です。(300mlで1000円前後)

 

フィキサチーフの代用品

パステルアートを描いている人の間では、フィキサチーフの代用品としてヘアスプレーが有名です。

 

ヘアスプレーの問題点

本来の仕様用途とは異なるため、ヘアスプレーによっては問題点があります。

・作品全体が黄ばむ
・水分量が多く湿ったように色が沈む
・画用紙が反り返る

といったことが、よくある問題点です。

 

おすすめのフィキサチーフ代用品

3色パステルアートでも、作品の質は保ったまま安価にワークショップを実施できるよう、様々な代用品を試しました。推奨商品は花王の『ケープ3Dエクストラキープ(無香料)』です。

kape

使用感としては、パステルアート専用のフィキサチーフ以上にしっかりと画用紙に固定されている印象があります。

< 実際に使用している動画 >
背景(紺色の部分)にのみ、ヘアスプレーをかけています。ティッシュペーパーでこすって、かけていない部分(満月)と比較してみると…

パステル専用のフィキサチーフより安価で(180gで400円前後)、ワークショップなどで一度に大量に使用する方にはおすすめです。上記したような問題点もこの商品では発生せず、本来の淡く美しい色合いを保ったまま保管が可能です。

 

換気ができる場所か確認を

フィキサチーフもヘアスプレーも、使用時の換気が必要です。
自宅での使用は問題ありませんが、施設や出張で開催するさいは換気できる環境か、スプレーを使用しても問題がないかを事前に確認しましょう。

スプレーが使用できず、画用紙への定着が難しい場合は、保存用の袋の利用がおすすめです。

DSC_0113-300x201

2016-08-13 | Posted in パステルアート 道具Comments Closed 

関連記事