2018年07月29日に第46回3色パステルアートインストラクター認定講座を開催いたしました。

 

台風12号の影響が心配されていましたが、東京では前日に通過。
無事開催することができました。

今回は珍しく男性が多い回となりました。
インストラクター認定講座では、パステル画の描き方だけでなく、アートセラピーとして心理学や脳科学といった理論的な部分もお伝えしています。

年齢性別問わず楽しめる内容ですのでぜひご参加ください!

今回いただいた感想と作品の一部をご紹介します。

 

受講生の声

一日があっという目に過ぎてしまったほど熱中しました
実際に自分で3色パステルアートをやり、満足・達成感を得ることができました。
他の人と一緒に少しでもこの満足感を共有できるように、実力をつけていけたらなと思います。
ていねいで楽しい講義でわかりやすかったです。ありがとうございます。

+——–+

とても楽しかったです。
絵の実技と、座学がちょうどよく配分、配置されていたと思います。
充実した一日になりました。これからもどうぞよろしくお願いいたします。認定していただき、嬉しいです。
+——–+
7時間の講座ということで、とても長く大変かと思っていましたが、集中して「あっという間」に時間が経ってしまいました。
自分自身”アート”というところから、縁遠い分野と思っていました。3色パステルアートの多角的な内容は、具体的でわかりやすい内容でした。少しずつ実践できれば嬉しいです。
+——–+
和気藹々と楽しく学べました。
講師の先生が若く明るく楽しくて大変良かったと思います。
町田駅は初めて降りたので、どのエリアに行けば良いのかわからず、大変苦労しました。
〜口へ出てくださいのアドバイスが欲しかったです。
以外に、スマホの地図は機能しませんでした。NABIETIMEの私のアプリです。
+——–+
説明がとてもわかりやすく、理解が深まりました。
実体験に基づいたお話もとても参考になりました。
「鑑賞会」おもしろいですね。交流も深まり良いと思います。
ぜひ取り入れたいと思いました。

+——–+
  

講義中の様子

 

明るい会場で、黙々と手を動かします。

 

何枚描いてもおもしろく、右脳にも良い抽象画。
はじめてでもあるポイントを抑えることで、楽しみながら素敵な作品を仕上げることができます。

鑑賞タイム。
他の人の作品を見ながら「これ、どうやって描いたの?」と会話も弾み、新しい表現法のアイデアもどんどん広がっていきます。

座学の時間。
どんなときに右脳モードの絵が描けるか?理論的に学んでいきます。

 

 

今後の開催予定はこちらから

スケジュール

 

 

おすすめの記事