せっかく描いたパステルアート作品。
綺麗に飾って、描くだけでなく見るのも楽しみましょう。

パステルアートを綺麗に額装する方法。
今回は自宅でできるマット加工の方法をご紹介します。

1)作品のサイズに合わせて画用紙を切り抜く

画用紙を2枚用意します。
見本ではマーメイドという名前の紙の紫色と白を使用しました。

1枚目の画用紙(白)の中心を、作品のサイズに合わせて切り抜きます。これが内側にきます。
次に2枚目の画用紙(紫)の中心を、先ほどより一回り大きいサイズで切り抜きます。見本は3mmずつ大きく切り抜きました。これがいちばん外側にくる枠です。

 

2)作品と2枚の画用紙を重ねて位置を決める

下から順番に、作品→画用紙1(白・小さい枠のもの)→画用紙2(紫・大きい枠のもの)の順番に重ね、正面から見て位置を調整します。
位置が決まったら糊やテープで固定します。

3)額に入れる

(2)まででも十分綺麗な額装ですが、額に入れるとさらに絵が引き締まります。
画用紙と額のサイズが合わない場合は、このタイミングでカットしましょう。額にセットして完成です。

*見本は100円均一ショップのseriaで購入した額です。

画材店の額装コーナーへ行ってマット加工を依頼すると、さらに厚みがあり固い紙で額装のための加工をしてもらえます。
費用はサイズやマットの種類によって異なりますので最寄りの店舗でご確認ください。

おすすめの記事