3色パステルアートの特徴のひとつでもある『抽象画』

その抽象画を応用したタロットカードとのコラボ企画です。
インストラクターの資格を取得する方の中には、占いやアロマ、筆文字、クラフトなど、様々な特技を持っている人がいます。

今までの趣味や経験を活かしたコラボ企画を生み出せることも3色パステルアートの醍醐味です。

 

 

そしてじゃ~ん!

他のメンバーの皆さんの作品とカードです!

どうですか?

最初の私の質問で「絵を描くのが苦手」と答えた人は半数以上でした。

にも関わらずどうですか?

皆さんとっても素敵です。アート感バッチリです!

象徴するカードの意味が皆さんの心にもいろいろ響いてとても良いイマジネーションがわいていたように思えます。

絵柄がちょっと怖い物もあるけれど意味的には良かったりするわけです。

 

描き終わった後鑑賞会を致しました。
これは「3色パステルアート」の特徴だと思うのですが、鑑賞会をする事でコミニュケーションが図れますし何より絵を通して人に認められるという「肯定的」な感覚も体感できるからなのです。

大人になると人前で褒めれることはとても少なくなります。
できて当たり前、できなくてダメ、、、。

 

仕事、育児、介護など人は様々な事で悩み自分自身を認める事がなかなかできにくくなります。

今回も皆さん絵という表現方法とタロットというツールを使ってたくさんお話をして下さいました。—本文より一部抜

 

おすすめの記事