パステルアートの描き方【基本のグラデーション】

パステルアートの特徴のひとつが、グラデーションを活かした作品。

画用紙の上でゆっくりと色が混ざっていく様子を観察しながら描けるパステルは、初めてでも簡単に美しいグラデーションを作ることができます。

赤+黄・黄+青・青+赤と、三原色の組み合わせで作る基本のグラデーションの描き方をご紹介します。

 

超初心者向け!パステルアートの基本グラデーションの描き方

1)マスキングテープを使って画用紙を区切る

まずは描く前の準備から。
マスキングテープを使って画用紙を3つに区切ります。

2)赤+黄

ひとつめの枠の上半分を赤で塗ります。

下から上に黄色を塗ります。
このとき、色の境目は気にせず赤の上から黄色を混ぜていきます。すると…2色が混ざってグラデーションができてきます。

3)黄+青

先ほどと同じように半分ずつ塗っていきます。
黄色と青の2色で緑色ができます。

 

4)青+赤

青と赤で紫色ができました。

 

5)マスキングテープをはがす

完成!

 

アレンジバージョンも

 

マスキングテープの区切り方を変えたり、色の組み合わせを変えたり、マスキングテープの幅を変えたり、画用紙を変えたり、、ひと工夫加えるだけでまた違った表情を楽しむことができます。

 

慣れてきたらいろいろな組み合わせでパステルアートから生まれるグラデーションを楽しんでくださいね。

 

2018-12-18 | Posted in パステルアート, パステルアート 描き方Comments Closed 

関連記事