高齢者(介護)レクリエーションでの導入

レクリエーションご担当者様向け

材料費の捻出が難しい
ネタ探しに毎回頭を悩ませている
子どもっぽいレクになってしまう…

こんなお悩みはありませんか。

3色パステルアートは高齢者向けのレクリエーションとして数多くの施設で実施されています。
カリキュラム開発に当たって高齢者レクリエーションに取り入れる側の目線、参加する側の目線に寄り添って様々な工夫を凝らしています。

 

 ↑認知症の方を対象にレクリエーションを実施した現場の写真です。

 

3色パステルアートの導入方法

Case1 社内(社員)研修

インストラクター認定講座には介護福祉士、ケアマネージャー、ヘルパー、看護師など施設の職員にあたる方が個人で参加されています。1日の講座で3色パステルアート実施に必要なノウハウを全てお伝えしています。受講後は次の日からすぐに導入可能です。

複数人での受講をご希望の場合は、社内研修をご検討ください。3名様〜出張研修を承ります。事前に施設や利用者様の状況をヒアリングさせていただきますので、詳細は別途お問い合わせください。研修として導入を検討されている施設へは、出張体験会の開催をしています。まずは3色パステルアートを体験していただきその後の導入をご検討ください。

 

Case2 インストラクター派遣

3色パステルアートのインストラクターを施設に派遣いたします。初回は材料費(100円/人)+インストラクター交通費のみで実施いたします。
初回体験後、定期的な導入をご検討ください。毎回の費用は利用者様の状態やインストラクターによって異なります。詳細は別途お問い合わせください。

 

 

3色パステルアートの利点

 

導入のポイント

 

1、低予算の材料費

絵画や工作などを高齢者レクリエーションに取り入れるとき、ネックになるのが“材料費”の問題です。おひとり当たり、500円以上の材料費が発生してしまうレクリエーションも少なくありませんが、人数分の予算を定期開催に用意できる施設だけではありません。

レクリエーションのための予算が少ない施設でも、材料費の捻出が難しい個人でも、誰でも平等にアートを楽しんでもらいたい、という想いからプログラム開発をしています。

3色パステルアートで使用する画材は300円〜で一式揃えることができます。一回で使い切るものではないので、一度揃えてしまえば長期間使用することが可能です。画用紙など分けて使えるものが多いので、大人数が集まれば一人あたり30円程の材料費で楽しむことができます。

 

2、すぐ手に入る画材

普段絵を描かない人にとっては、使用する画材を用意するだけでも一苦労・・・。私たちはプロの画家を対象としているわけではありません。高齢者レクリエーションで使用する材料は、住んでいる地域に関わらずどこでも簡単に手に入るものだけに絞っています。

 

3、安全性

高齢者レクリエーションに取り入れるには、安全性も大切です。
3色パステルアートで使用するパステルにはAPマークがついています。APマークとは、ACMI(米国画材/工芸材料協会)によって定められている評価基準に適合した、人体に対して害のない製品と認められたものに付与されているマークです。認知症患者が誤って口に入れてしまっても慌てる必要はありません。(※食べてしまっても全く問題ないというわけではありません)

 

4、ネタ不足解消

高齢者レクリエーションを担当している人にとって悩みどころなのが、「次は何をしよう・・・」ということではないでしょうか。レクリエーションで絵を描くということが決まっていても、毎回の題材を新たに考えて用意するのは大変なことです。実際、継続的にレクリエーションを実施することができない、という悩みの原因のほとんどが “ネタ切れ”です。
3色パステルアートではこのような現場の声を受け止め、誰でも簡単にプロのような作品を描くための“絵のレシピ”をご用意しています。季節や行事を意識した絵のレシピを多く開発しています。
また、画用紙であれば大きさや形も選びませんので、「カレンダー」「しおり」「ブックカバー」「うちわ」「コースター」など、様々形を変えてお楽しみください。作品が集まったら展覧会を開くのも良いですね。

 

5、ご家族へ形を残すことができる

ゲームや歌などのレクリエーションはその場限りのものですが、3色パステルアートでは作品を残すことができます。ハガキサイズの画用紙に描くことでポスト投函も可能になるので、暑中見舞いや年賀状など手書きのお手紙が届くとご家族の方に大変喜ばれます。ご家族の中には、自宅介護ではなく施設へ入居させてしまったという罪悪感を感じている方もいらっしゃいます。デイサービスなどでも、施設での様子が分からないのは不安なものです。元気そうに楽しくすごされている様子を、レクリエーションで制作したオリジナル作品を通してお知らせすることで、ご家族の方の安心感にも繋がります。

 

 

 

参加者のメリット

 

1、参加意欲の向上


子どもっぽいレクはやりたくない、という声をよく耳にします。パステルの柔らかな風合いは大人にこそ楽しんでいただける作品です。描く題材も風情や季節を味わえるものを選び絵の”レシピ”としてインストラクターに伝えています。難しすぎず簡単すぎない、が参加意欲向上のカギです。難しすぎると、自信をなくしてしまいやりたくなくなってしまう。簡単すぎるとすぐに飽きてしまったり、馬鹿にされているように感じたり…。
思っていたより上手に描けたという喜びと、思い通りに描けなかった部分があったなぁ…という少しの悔しさが、次回またチャレンジしてみよう!という意欲に繋がります。

 

2、横の繋がりができる

ただ集まっているだけ、食事を同じ場所でとるだけ、という空間は何を喋って良いのか会話のきっかけがつかめず、意外に人と人との繋がりを作りづらい空間です。
3色パステルアートでは、絵を描く過程の楽しさや達成感も大切にしていますが、完成後の“鑑賞会”にも力を入れています。同じ作業をしたあとは、年齢や性別に関わらず共通の話題ができ会話もはずみます。インストラクターから質問を投げかけることで、会話のきっかけ作りのお手伝いをします。

 

3、自己肯定感の向上

できないことがどんどん増えて、自信をなくしている高齢者の方が非常に多くみられます。
いてくれるだけで嬉しい。そんな人としての存在価値は何も変わっていないはずなのに、できるできないに捉われると、人はどんどん自己肯定感が下がっていきます。
本人に向かって直接「あなたのことが大切ですよ、存在を認めていますよ」と伝えたところで、相手としてはなかなか受け入れにくいもの。遠慮がちな日本人の特徴ともいえるのかもしれません。絵は自分自身の表現です。ダイレクトに伝えると嘘くさくなってしまい届きにくいメッセージでも、絵を通して間接的に伝えることで、相手の心にすっとなじみます。鑑賞会で作品を描いているときの様子や、その方がこだわったポイント、その人だけのオリジナルの表現を参加者の前で伝えることで、自己肯定感があがります。

 

4、脳への新しい刺激

国語、算数、理科、社会と学校教育では左脳をメインに使った学習が行われます。それは社会に出てからも同じことで、スケジュール管理や、文章力、記憶力などは左脳の役割です。現代人の脳は左脳を酷使し右脳はあまり使う機会がありません。老化とともに当然脳の機能は低下しますが、今まであまり出番のなかった右脳を使い脳へ新しい刺激を与えることは可能です。
絵や音楽をはじめとするアートは右脳を活性化させます。その中でも特に右脳を使うのが“抽象表現”です。3色パステルアートでは抽象画も多く取り入れることで、五感と右脳の活性化に繋げています。

 

その他にも3色パステルアートには嬉しい効果が♪

ここでご紹介した以外にも、3色パステルアートには嬉しい効果がたくさんあります。詳細は『アートセラピーの効果』からご覧ください。

 

高齢者施設での導入事例

介護老人保健施設アクアピア新百合様での活動を広報誌にてご紹介いただきました。こちらの記事からご覧いただけます。