About

◎3色パステルアートとは

[アートセラピーと分析]絵を使ったアートセラピーには様々な種類がありますが、日本で一般的なものは、箱庭療法やバウムテストに代表される”心理分析”を目的としたアートセラピーです。絵を描くことの本来の目的は、自己表現やリラックスすること、もしくは絵を描いている時間をのものを楽しむことだと思っていたので、自分が楽しく描いた絵を分析されることや、描いた絵を色眼鏡に、その人の過去や性格を予測する方法を疑問に感じていました。そんなときに出会ったのが …< 続きを読む >

 

◎インストラクター認定講座とは

「なんの取り得もないからボランティアすらできない」ある日のカウンセリング中に、「先生はたくさん得意なことがあって羨ましいです。私は何の取り得もないから、ボランティアすらできないんです。」と言われたことがありました。その方は出産を期に仕事を辞めて、専業主婦をしていました。ご自身が抱えていたうつ病が改善してきたことと、子どもが小学校に入学したとをきっかけに社会復帰を望んでいましたが、しばらく仕事から離れていたので、まずはボランティアとして社会に役立ちたいと思い、ボランティア先を探していました。ところが、いざ探してみると…<続きを読む>

 

◎アートセラピー(芸術療法)とは?

アートセラピーとは、絵や図形を描く絵画療法、ミニチュアやオモチャなどを用いた箱庭療法、粘土細工や手芸、陶芸を用いた造形療法などの非言語的コミュニケーションを通じて、悩みを抱える人にアプローチする心理療法の一種です。アートセラピーには、絵を使った物以外にも、音楽療法・園芸療法・ドラマセラピー・フォトセラピーなど様々な種類があります。アートセラピーの資格も療法や学校によって様々です。[アートセラピーと3色パステルアート]一般的には、“アートセラピー”=“絵を使った心理療法”=”絵の診断(分析)”と理解されることが多いようで、「私の絵を診断してください!」とおっしゃる方も多いですが、3色パステルアート講座では絵の診断(分析)はしていません。3色パステルアートでは…<続きを読む>

 

DSC_0052